オールインワンコーヒーメーカーで本格的なコーヒーを楽しもう!おすすめ商品と使い方のコツ

アウトドアで楽しむコーヒーの味は格別ですよね?

 

爽やかな風に吹かれ、小鳥のさえずりを聞きながらのコーヒーは格別の一杯となります。

 

だけど、本格的なコーヒーを味わうには色んな珈琲器具が必要です。

 

コーヒーミルやドリッパー、ペーパーフィルターなど、必要なものを挙げはじめたらキリがないほどです。

 

「もっと簡単に美味しいコーヒーを味わえたら」

 

そんなあなたにおすすめしたい、本格的なコーヒーをアウトドアで味わえる珈琲器具があります。

 

今回は、屋外で挽きたてのコーヒーが楽しめる「オールインワンコーヒーメーカー」をご紹介します。

 

 

オールインワンコーヒーメーカーとは

 

オールインワンコーヒーメーカーとは、その名の通り、一つの器具でコーヒーを淹れることができる商品です。

 

通常、コーヒーを淹れるには、コーヒー豆を挽くミルやドリップするドリッパーやペーパー、飲むためのカップやポットなどが必要です。

 

しかし、オールインワンコーヒーメーカーは、これらの機能を一つにまとめています。

 

つまり、オールインワンコーヒーメーカーがあれば、他の器具は不要です。

 

これはとても便利で経済的ですね。

オールインワンコーヒーメーカーには、電動ミル付きのものや手動ミル付きのものがあります。

 

電動ミル付きのものは、電源につないだり充電したりする必要がありますが、手間が少なくて楽です。

 

手動ミル付きのものは、自分で豆を挽く必要がありますが、挽き具合を調節したり、挽く過程を楽しんだりできます。

 

どちらもメリットとデメリットがありますので、自分の好みや用途に合わせて選ぶことが大切です。

 

電動ミル付きオールインワンコーヒーメーカーをレビュー

 

ここでは、電動ミル付きオールインワンコーヒーメーカーの中でもおすすめの商品を紹介します。

 

それは、「マクロス オールインワンコーヒーメーカー カフェラベル MEK-84」です。

 

この商品は、Amazonで高評価を得ている人気商品です。

 

その魅力や特徴を見ていきましょう。

 

マクロス オールインワンコーヒーメーカー カフェラベル MEK-84とは?

「マクロス オールインワンコーヒーメーカー カフェラベル MEK-84」は、「挽く」「ドリップ」「飲む」をこれ一つで楽しめるコーヒーメーカーです。

 

USB充電式で電源不要なので、自宅だけでなくアウトドアやオフィスでも使えます。

 

シルバーとレッドの二種類のカラーがあります。

マクロス オールインワンコーヒーメーカー カフェラベル MEK-84の使い方

「マクロス オールインワンコーヒーメーカー カフェラベル MEK-84」の使い方はとても簡単です。

 

まず、コーヒー豆を入れる部分を開けて、好きな量の豆を入れます。

次に、豆の挽き具合を調節するダイヤルを回して、細かさや粗さを決めます。

 

細かく挽くと濃い味に、粗く挽くとあっさりした味になります。

 

自分の好みに合わせて選んでください。

 

そして、電源ボタンを押して、電動ミルで豆を挽きます。

 

挽き終わったら、ドリッパー部分にお湯を注ぎます。

 

お湯は沸騰したら少し冷ましてから使うと良いです。

 

お湯がコーヒー粉を通り抜けるのを待ちます。

 

最後に、カップ部分にコーヒーがたまったら、飲み口の蓋を開けて飲みます。

 

これで一杯分の美味しいコーヒーができました。

マクロス オールインワンコーヒーメーカー カフェラベル MEK-84のメリット

「マクロス オールインワンコーヒーメーカー カフェラベル MEK-84」のメリットは、以下の通りです。

  • コンパクトで持ち運びやすい
  • USB充電式で電源不要
  • 豆の挽き具合を調節できる
  • ステンレス製で丈夫で清潔
  • 飲み口の蓋がついていてこぼれにくい

 

マクロス オールインワンコーヒーメーカー カフェラベル MEK-84のデメリット

「マクロス オールインワンコーヒーメーカー カフェラベル MEK-84」のデメリットは、以下の通りです。

  • 一度に一杯分しか作れない
  • 充電が切れると使えない
  • 挽き具合の幅が狭い
  • 保温性が低い

オールインワンコーヒーメーカー使用上の注意点

 

オールインワンコーヒーメーカーは便利な商品ですが、使用上の注意点もあります。

 

以下の点に気をつけてください。

  • コーヒー豆は新鮮なものを使うこと。古い豆は香りや味が落ちてしまいます。
  • コーヒー豆は必要な分だけ入れること。余った豆は乾燥や酸化で劣化してしまいます。
  • コーヒー豆は冷凍や冷蔵にしないこと。水分や臭いが移ってしまいます。
  • コーヒー豆は密閉容器に入れて暗所で保管すること。光や空気に触れると酸化してしまいます。
  • コーヒー豆は挽く直前に入れること。挽いた後はすぐに使うこと。挽いたら香りや味がどんどん失われてしまいます。
  • お湯は沸騰したら少し冷ましてから使うこと。沸騰したお湯は空気が抜けてしまって、コーヒーの味や香りを引き出せません。適温は80~90度くらいです。
  • ドリップするときは、コーヒー粉に均等にお湯を回しかけること。一か所に集中してお湯を注ぐと、コーヒーが苦くなったり、薄くなったりします。円を描くようにゆっくりとお湯を動かしてください。
  • ドリップするときは、お湯の量を調節すること。お湯の量が多すぎると、コーヒーが薄くなります。少なすぎると、コーヒーが濃くなりすぎます。一杯分のお湯の目安は150~200mlです。
  • コーヒーを飲むときは、熱すぎないように注意すること。熱いコーヒーは舌や口をやけどする危険があります。また、熱いコーヒーは味や香りが分かりにくくなります。適温は60~70度くらいです。
  • コーヒーを飲んだ後は、オールインワンコーヒーメーカーを洗って乾かすこと。コーヒーの油やカスが残っていると、次に使うときに影響します。また、電動ミル付きのものは、水に濡らさないように注意してください。

以上がオールインワンコーヒーメーカー使用上の注意点です。

 

これらの点を守れば、オールインワンコーヒーメーカーで美味しいコーヒーを楽しむことができます。

 

オールインワンコーヒーメーカーはどこで買える?

 

オールインワンコーヒーメーカーは、インターネットで簡単に購入できます。

 

たとえば、「マクロス オールインワンコーヒーメーカー カフェラベル MEK-84」は、Amazonで購入することができます。

 

送料無料で届けてくれます。

 

他にも楽天やヤフーショッピングなどで探すことができます。

 

もちろん、インターネットだけでなく、実店舗でもオールインワンコーヒーメーカーを見つけることができます。

 

家電量販店やコーヒーショップなどで探してみてください。

 

実際に手に取って見ることができるので、サイズや重さなどを確認できます。

 

オールインワンコーヒーメーカーについてよくある質問

Q1. オールインワンコーヒーメーカーのメリットは何ですか?

A1. オールインワンコーヒーメーカーのメリットは、場所を選ばずコーヒー豆を挽いたり、ドリップしたり、飲んだりできることです。

 

これにより、他の器具を用意する必要がなく、手間やコストを節約できます。

 

また、自分の好みに合わせてコーヒーを淹れることができます。

Q2. オールインワンコーヒーメーカーのデメリットは何ですか?

A2. オールインワンコーヒーメーカーのデメリットは、一度に一杯分しか作れないことです。

 

複数人で飲むときは時間がかかります。

 

また、電動ミル付きのものは充電が必要なことや、挽き具合の幅が狭いことです。

 

手動ミル付きのものは自分で豆を挽く必要があることや、力がいることです。

Q3. オールインワンコーヒーメーカーのおすすめ商品は何ですか?

A3. オールインワンコーヒーメーカーのおすすめ商品は、「マクロス オールインワンコーヒーメーカー カフェラベル MEK-84」です。

 

この商品は、USB充電式で電源不要なので、自宅だけでなくアウトドアやオフィスでも使えます。

 

コンパクトで持ち運びやすく、ステンレス製で丈夫で清潔です。

 

飲み口の蓋がついていてこぼれにくいです。

 

ただし、一度に一杯分しか作れないので、複数人で飲むときは時間がかかります。

 

また、挽き具合の幅が狭いので、細かすぎるか粗すぎるかのどちらかになります。

 

保温性も低いので、飲むときは早めに飲むことが大切です。

まとめ

オールインワンコーヒーメーカーは、場所を選ばずにコーヒー豆を挽いたり、ドリップしたり、飲んだりできる便利な商品です。

 

電動ミル付きや手動ミル付きなど、メーカーによって種類はさまざまですが、おすすめはマクロス オールインワンコーヒーメーカー カフェラベル MEK-84」です。

 

オールインワンコーヒーメーカーを使うときは、コーヒー豆やお湯の温度や量などに気をつけてください。

 

オールインワンコーヒーメーカーで本格的なコーヒーを楽しみましょう!

 

 

本格的にコーヒーを楽しみたいなら、自家焙煎で自分だけのコーヒーをつくってみましょう。


コーヒーの楽しみ方が広がって、もっとコーヒーライフが充実します。


コーヒー豆焙煎のすすめ|初心者向け本格コーヒーの楽しみ方